アジマティクス

ここをこうするとおもしろい

1111…1という数(レピュニット)の素因数分解を納得する

11/11はポッキーの日! よっしゃー! ポッキーゲームするぞ! うるせえ! そんな相手いるかい!! そんなことより素因数分解だ!!! レピュニット 1111や11111111などのように、1がいくつも並んだ数をrepeated unit、略してrepunit(レピュニット)と呼び…

結城浩氏が第五回ロマンティック数学ナイトで出した問題に感激した

まだまだ寒さの残る2017年4月1日、渋谷の東京カルチャーカルチャーというイベントホールにおいて第五回「ロマンティック数学ナイト」が開催されました。 株式会社和から主催のこのイベントは、2016年4月に第一回が開催されて以来、2〜4ヶ月程度の間をお…

素数大富豪とは?初心者のためのルール&ちょっとしたコツ集

最近、とあるトランプゲームが話題です。 素数大富豪をして頭がフル回転したw頭使いすぎて、段々と正常な計算ができなくなって行ってヤバい。これ面白いわwww pic.twitter.com/ZsSmNbRBXx — ひぃ@超会議1日目のみの参加 (@SempreSonhando_) 2017年2月12日 タ…

九九ビジュアライゼーション 〜そして九九九へ〜

九九の可視化、流行ってますね。発端はこちらです。なるほど。数が増えていく感がわかりやすいですね。これをきっかけにして全国的に九九の可視化ブームが発生し、次のようなものも現れました。おお! こっちは数が増えていくことも、2つの数をかけたら面積…

点をぐるぐる回してどんどん重ねると楽しいな〜と思ってたらまたフィボナッチかよ!!

点を用意してxy平面上でぐるぐる回します。 その1段上(つまり高さ方向に1進んだ地点)に、1つめの点が1周する間に2周するような点を用意します。 3段目には、1つめの点が1周する間に3周するような点を置きます。 段目には周するような点を、そうで…

一周年のアジマティクスを振り返る(前編)

おめでとうございます。ありがとうございます。毎回(自分が)興奮する数学ブログとしておなじみのアジマティクスが、2月4日をもちまして一周年を迎えました。ありがとうございます。 ここまで続けてこられたのは完全にみなさまのおかげです。エゴサジャン…

Googleのカラーピッカーを見てたら意外なことがたくさん分かった

検索するだけで計算してくれたり翻訳してくれたりすることでおなじみGoogleですが、「カラーピッカー」と検索するとカラーピッカーそのものが出てきてグリグリ動かすことができます。楽しいので小一時間グリグリしてたら、色々興味深いことがわかりましたの…

それじゃあ任意の自然数をひっくり返す関数でも作って遊ぶか

関数を作るのって、結構楽しいんですよね。作曲や絵を描くのと同じで創作意欲が満たされるというか。 何言ってるかわからないと思うので、実際に関数を作って遊んでるときの私の脳内をトレースしました。

素数大富豪大会MATH POWER杯決勝戦では何が起こっていたのか

会場は、異様なほどの静寂に包まれていた。 高まりに高まった興奮を、誰もが無理矢理押し殺している。そんな静寂だった。「息が詰まる」──。そう表現するのがいかにも相応ふさわしい。 ステージ上には三人の男が座っている。 そのうち二人がテーブルを挟んで…

最小二乗法でフシギダネの誕生日を求める

ポケモンシリーズの発売日(赤緑からの経過日数)と総種類数から、最小二乗法でフシギダネの誕生日を求めてみてたら他にもいろんなことがわかったよの巻

「パッと見素数」に気をつけろ!

91は素数でしょうか? 91は素数 — 91は素数 (@91__prime) 2016年8月13日 91は素数ではありません。 素数大富豪 この記事は、素数大富豪Advent calender11日目の記事です。 「素数大富豪」というトランプゲームがあります。通常の大富豪は場に出ているカード…

なんか効率のいい素数の覚え方ないかな?

こんにちは。みなさんは、素数をやっていますか? この記事は、素数大富豪アドベントカレンダー2日目の記事です。1日目はにせいさんの「素数大富豪アドベントカレンダー!」です。 「素数大富豪」というトランプゲームがあります。詳しいルールなどは上記…

水平線までの距離って何kmくらいなの?

「半径6371kmの星の上で、地上170cm(0.0017km)地点に目線がある人が見る水平線までの距離は何kmか?」

フィボナッチ的らせん三角形と変拍子について(パドヴァン数列の話)

11月23日はフィボナッチ数列の日です。ハッピーフィボナッチ! 本場イタリアでは、街中にウサギやヒマワリなどの飾り付けをしてこの日を盛大に祝うらしいです。うそです。 フィボナッチ数列 フィボナッチ数列とはすなわち1,1,2,3,5,8,13...という数列のこと…

人が壁を押すリンク機構を数式で作った

先日、こんなツイートを見かけました。 ウォルトディズニー研究所の「複雑な動きをする歯車の設計をコンピュータによって迅速に行いさらに3Dプリンタで出力した」研究。すごくリアルな動き▼Computational Design of Mechanical Characters https://t.co/TAZe…